石鹸洗顔でニキビが悪化する?!

ニキビには、自然派の無添加石鹸の方がお肌に優しい…という話を聞いたことある方いらっしゃると思います。
もちろん、石鹸がお肌に合ってニキビが減ったという方もいらっしゃるかもしれませんが、実は逆に乾燥してニキビが増えてしまった…という方もいらっしゃるのです。
nikibi3
石鹸の原料は油脂(脂肪酸とグリセリン)で、それをアルカリによって化学反応を起こして作ります。
勿論、どの油脂を使っても脱脂力が強いのは確かなのですが、泡立てた石鹸をミネラル成分の多い高硬度の水道水で洗い流すことにより膜が出来てしまい、これが余計突っ張り感や乾燥を感じる原因になります。

そして、実は洗い流すことで加水分解された石鹸は遊離脂肪酸を生みます。
この遊離脂肪酸は、私たちの皮脂にも含まれており、ニキビの原因になると言われているものなのです。
石鹸の製法によって、量の違いはありますが、お肌に少なからず残るのは事実です。

石鹸によってニキビがなんとなく増えてしまう…と思っている方は、もしかしたらこの遊離脂肪酸によってニキビが出来てしまったと考えられます。
石鹸はとても安全性の高いものですが、このようにお肌に悪さをすることもあります。
「だけど、合成界面活性剤はちょっと…」という方も、いまではお肌に優しいアミノ酸系洗浄剤なども出てますので試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です