ニキビ洗顔の間違った方法

ニキビ予防と聞くとしっかりと洗顔を行うことが大切だと多くの人は思っていると思います。
確かに大切なことではあるのですが、実際には多くの人が間違ったスキンケアを行っていることがあります。
ニキビには洗顔がとても重要になりますが、洗い過ぎも良くありません。

洗顔をし過ぎることで肌が乾燥してしまい、ニキビをさらに悪化させることもあるのです。
肌の乾燥とニキビは関係ないように感じるかもしれませんが、肌が乾燥することで皮膚は自身の表面を守ろうとします。
そうすると皮脂を過剰に分泌させてしまいニキビが出来やすい環境を作ってしまうのです。
なので洗顔料を使った洗顔は1日1回で夜に行うのがベストです。
朝はぬるま湯や冷水でサッと表面の汚れを落とす程度で良いでしょう。

また洗顔の際には時間をかけて丁寧に行うのも肌の乾燥を引き起こす原因になるので、時間をかけ過ぎないことも大切です。
洗顔後の化粧水はできるだけ保湿力の高いものを選びましょう。
肌をしっかり保湿することで皮脂の分泌を抑制する効果もあります。
乳液に関しては大量に塗ってしまうと毛穴が詰まり黒ずみやニキビの原因になるので量には気をつけましょう。
nikibi7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です