ニキビの原因は洗顔方法にあるかも?

毎回洗顔をきちんとしているのにニキビができてしまう、または悪化してしまうのはもしかしたら洗顔のし過ぎという場合があります。ニキビのできる原因は様々あり、食生活やストレス、睡眠不足による生活環境の乱れによってニキビを発生しやすくしてしまいますが、洗顔のし過ぎによって本来必要である皮脂までが洗い流されることで、水分や油分で守られていた肌が外部からの刺激によってバリア機能が低下してしまいます。そうすると乾燥した状態になり、肌はそれを補おうと過剰な皮脂を分泌させ、毛穴に詰まることでニキビを発生させてしまうのです。

そのためなるべくニキビを作らせないためには、洗顔方法を改めて変える必要があります。まず、洗顔料は添加物の少ない、なるべく植物エキスの入ったものを選びます。
まず先に手を洗ってなるべく菌を洗いながします。そしてぬるま湯で顔を塗らし、毛穴を開かせます。
手のひらで洗顔料を十分に泡立てて、優しく泡を転がすように洗います。

洗い流すときは洗顔料が顔に残らないようにしっかりと流します。洗い流した後はすぐ化粧水などで保湿するようにします。
nikibi6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です