にきび対策の基本の基本は洗顔方法にあり。

nikibi4
洗顔をしっかりしましょう、とよく言われます。にきびの予防と対策については、必ずといっていいほど、洗顔が基本となります。
ただ言葉で聞いて分かったような気がしますが、大半のケースでは、洗いすぎが目立ちます。注意しておきたいのは、洗顔はにきび対策の基本中の基本であって、洗いすぎないことが大事なポイントなのです。
では、顔をよく洗おう、といわれるのでしょうか。皮膚にたまった脂分が、皮膚の汚れとともに、毛穴をふさいで、化膿しやすくなるから。これはまさに正解です。なんの間違いもありません。
でも、これだけでは足りないのです。洗いすぎてはいけないのです。

人の皮膚は、適度な脂分が必要なのです。そして多すぎる脂分が肌にダメージを与えるのです。肌は自然な働きとして、脂分を取り除きすぎると、自らセンサーのように状態を感知して、足りなくなった分を補おうとします。つまり、顔を洗いすぎて脂分がなくなるほどに洗ってしまうと、追加でまた脂分が肌から分泌される仕組みになっているのです。
脂分の成分はまさに天然ですから、そのもの自体が、肌に悪いはずはないのです。

洗顔は、余分な脂分を取るほかに、汗の残りや、肌にくっついた空気中の汚れなどをすっきりと落とすことが本来の役目です。
また、そのためには熱いお湯は効率的に汚れなどが取れて、気持ちもさっぱりしますが、過剰な洗顔になりかねません。外出から帰ったとき、外出先でも汗をひどくかいたとき、肌が汚れたと思ったときには、丁寧に洗いましょう。一日に二回か三回だけでも、丁寧に洗顔用の石鹸ソープをしようすればちょうどよいくらいです。いつもごしごしと熱いお湯で洗顔するのは慎んだほうが、にきび対策にはよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です