簡単に出来るちょっとしたニキビ対策

nikibi1
思春期、特に中学生ごろからニキビが出来てきます。
それは、成長期特有のホルモンバランスだったり体も心も一気に変化していく年頃でニキビも出来やすくなります。
また、大人ニキビといわれるように20代になってもニキビに悩まされることもあります。
生活のみだれやストレスからくるものもあります。
やっぱり、ニキビが出来ると精神的にまいることがあります。

ニキビのせいで、人に顔を見られたくないから下ばっかりみているとか、人と目をみて話せなくなるというようなこともあります。
それは、とてももったいないことです。
ひとりひとり体質的なものあるけれど、少し気をつけるだけでニキビが出来にくくなるし、よくなることはあります。
方法としてはスキンケアを丁寧にすることがやはり大事だと思います。
特に清潔にすることが大事なので、日ごろから汚れた手で顔やニキビに触れないことが大切です。
なので、洗顔する前や化粧をする前はしっかり石鹸で手を洗って綺麗にしてから肌に触ります。
それから、洗顔する時はよく泡だててゴシゴシと顔を洗わずに抑え込むようにして洗います。

そして、洗顔フォームは敏感肌用や低刺激なものがいいと思います。
やはり、ニキビが出来やすいのは肌が敏感な状態であったり荒れている状態の時が多いので刺激の弱い洗顔フォームや化粧品を使用する方が無難です。

乾燥しすぎはニキビには逆効果です

思春期のにきびと大人になってからのにきびはちょっと違います。思春期はホルモンの関係で過剰に皮脂が分泌され、どちらかというと赤い化膿したにきびもできやすい時期ですが、大人にきびは乾燥によってできやすいにきびです。
にきびの洗顔法は過剰な皮脂を残し過ぎてもいけないし、洗いすぎると皮膚が乾燥して逆に過剰な皮脂を分泌させることになってしまいます。

洗顔はぬるま湯で、多くても日に二回くらいまで。気になるからと若い頃よくやみくもに洗顔していた覚えがあります。それから私もよく使っていましたが、にきび用の石鹸、洗顔料というもの。マイルドなものならよかったのですが、刺激の強いものが効くと信じていたのが、裏目に出て、かなりあとが乾燥してよくなかったように思います。

できればマイルドな刺激のなさそうな石鹸で、ぬるま湯で毛穴を開かせてから、泡立てネットでよく泡立ててからこすらないように肌にのせてくるくる優しく洗います。くれぐれも強くこすらないのがコツ。
またシャワーの水圧も意外ににきびにはよくないらしいです。最後は冷水で洗い、タオルでこすらないように優しく水気をふきとっていきます。にきび用の化粧品を選ぶときは刺激のないものにしましょうね。

nikibi2

化粧水も本当に大切。。。

ニキビには化粧水も本当に大切です。。。。今ではナノ技術が発達したりでルナメアやビーグレンなど様々な商品が売れています・・・
めっちゃ写真がキレイな大人ニキビ化粧水サイトはとても参考になりましたね。。。

Blog